容色

容色(すがた)のけがれは

懈怠(なおざり)より来たる

(友松圓諦「法句経」241)

 

どうせ私なんてといいながらサボっていてはけがれが多くなるばかり、か。