読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の空虚

時間の隙間を埋めるようにひたすら本を読む。

でも一々買っていてはお金が続かない。

その点、図書館は本を無料で貸してくれるのでまさに夢のような場所だった。

 

いまは状況がさらによくてKindle unlimitedを使えばいくらでも借りられて、外出先でもどこでも読書ができる。

 

だけど。わたしがこんなに本を読むのは、本当に読書が好きだからなのだろうか。

知識は増やしたいと思う。でも1日1冊くらいのペースで読んでいて、大抵の知識はあとで思い出せない。

本で読んだから、 Aがある ことは覚えているけど、 Aはなにか までは引っ張り出せない。

つまり知識として身についていない

 

じゃあなぜ読書をしまくるかといえば、

心の空虚を埋めるため 

かもしれない。

 

空虚があるのを知っているのは、 それが満たされていたことがあるから でもなにで?どうやって?

わからないから

今日もわたしは読書をする。

心の空虚は一時的に埋められるし、どこかに埋め方が書いてあるかもしれないから。