読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モルガン氏への反論

なぜ彼は自分の市場価値が年々増加していくと無邪気に信じられるのだろう?

 

採掘が進み現在採掘量は最高潮に達しているが、20年後には枯渇する鉱山と

 

採掘し始めたばかりだが、埋蔵量に期待のできるデータのある鉱山と

 

どちらの投資価値が高いか。

 

鉱山が同じく50年で枯渇するとして、

採掘歴30年の鉱山を買うより、採掘歴10年の鉱山を買った方が長く利益が得られる

 

ん?30年間の既採掘分は保管してある?それならこれからも保管しつづけて使わないだろうね。あ、死ぬときまで待ってるの?それなら30年の方が買いだね!

 

自分で掘り進める楽しみを感じるのは男だけ

しわしわの肌よりすべすべの肌が好きなのは男だけ

生殖能力が衰えるのは女だけ

 

なんてのはすべて幻想だからね!

 

 

 

 

 

 

 

 

無意味

人間は無意味に耐えることができない

無意味さから逃れるためなら、我々は進んで原罪を負い、過去のカルマを引き受け、名も知らぬ先祖の祟りに合う 意味があればそれでいいのだ

祝祭

人生は祝祭である

 

何かが起こった?

 

それでも、人生は祝祭である

心の空虚

時間の隙間を埋めるようにひたすら本を読む。

でも一々買っていてはお金が続かない。

その点、図書館は本を無料で貸してくれるのでまさに夢のような場所だった。

 

いまは状況がさらによくてKindle unlimitedを使えばいくらでも借りられて、外出先でもどこでも読書ができる。

 

だけど。わたしがこんなに本を読むのは、本当に読書が好きだからなのだろうか。

知識は増やしたいと思う。でも1日1冊くらいのペースで読んでいて、大抵の知識はあとで思い出せない。

本で読んだから、 Aがある ことは覚えているけど、 Aはなにか までは引っ張り出せない。

つまり知識として身についていない

 

じゃあなぜ読書をしまくるかといえば、

心の空虚を埋めるため 

かもしれない。

 

空虚があるのを知っているのは、 それが満たされていたことがあるから でもなにで?どうやって?

わからないから

今日もわたしは読書をする。

心の空虚は一時的に埋められるし、どこかに埋め方が書いてあるかもしれないから。

 

大人に

大人になるということは

自分で自分の機嫌を取れるようになること。

泣いていたらあやしてもらえる年はとっくに過ぎた。

輪廻

仏教もインド思想もすごく面白くて、この思想とともに人生を生きていけたらどんなに心強いかと思うのだが、

 

肝心の

 

二度と輪廻転生したくない

 

という気持ちが理解できないので、

仏教徒にもヒンドゥー教徒にもなれそうにない。

 

むしろ輪廻転生しまくって、あらゆる人種、あらゆる階層、あらゆる動物、あらゆる植物の視点でこの世界を観てみたい。と思えるのはわたしが恵まれた環境で生きているからなのか。

 

ちなみに二度と産まれないメリットが大いなるものとの合一ならそれもありっちゃありかなと思うので、どちらかというとヒンドゥー教寄り。

 

ま、死後のことなど考えてもわからないので、

善く生きよう。

 

 

クローン

自分のクローンを作りたい人の気は知れないが、想像するに、

大概の場合、クローンはクローン自身のためではなく、クローン元の人間のために生み出されるだろう。本体が生き延びるために臓器を取るなり、厭なことの身代わりにするなり。中には、幼い子どもを残していくのが不憫で代わりになんてケースもあるかもしれないが、何にせよクローンに対して、それがわたしであるという意識はないはずだ。

 

ところでわたしの身体を構成している細胞は日々生まれては死んでいき、7年もたつと完全に入れ替わるらしい。

全く同じ遺伝子情報を載せた全然違う細胞によって構成された生命体という意味では、今のわたしは7年前のわたしのクローンのようなものだ。それにも関わらず、わたしは7年前のわたしと同じ人間だという意識がある。

 

一方でたとえばわたしが5分後に何らかの理由で、記憶喪失に陥り、記憶が永久にもどらなかったとしたら、構成する細胞はほとんど変わらないにもかかわらず、記憶喪失後のわたしは5分前のわたしと同じだと言い切れるかかなり怪しい。

 

つまりわたしとは実体のないただの概念なのかもしれない。

日本人が生まれては死に、その構成員がいくら入れ替わっても日本国があるように、構成員が全く同じでも占領されたら別の国になるように、そして国というものが実体のない概念であるように

 

わたしの細胞がいくら入れ替わっても、わたしだと思うように、記憶を失ったらわたしではない気がするように、わたしとはただの実体のない概念なのかもしれない。

 

日本人は日本国を幻想できる。

細胞がわたしを幻想しても不思議ではない。