それに割けるリソースの問題

夫の愚痴を言う人を前にいつも内心思っていた。本人に言えばいいのに、と。

ところが、結婚して子供が生まれて気がついた。本人に言った場合に発生する喧嘩なり、論争なりに割く、エネルギーが残ってない、あるいはもはや割くことすらもったいないという事態があることに。

悲しみが腐る

好意を拒絶されると悲しい。シンプルにそれだけ。そこに、彼は好意を受け入れるべきなのにとか、彼は私にそんな思いをさせるべきではないのになんて、べきが絡むと、途端に悲しみは腐って怒りになる。あるいは悲しみつながりで過去のことを引き出し始めてもやはり悲しみは腐る。悲しいな、ああかなしいな、なんてシンプルに味わえたらいいのに。

サンタはいないのと同じように

この世でたった一人の私にぴったりの王子様は存在しない。

前者はまだかわいい。プレーヤー1(親)はそれが幻想だとわかっているし、プレーヤー2(子)も友達に教えられたり、ある日サンタが来なくなったりして、いつか気づくときが来る。

しかし、後者はとてもやっかいだ。

プレーヤー1(女)への洗脳は終わらない。幼児のうちはお伽話のお姫様、少女になってからはほぼ恋愛がテーマの少女マンガ、長じてからは月9のドラマで、繰り返し繰り返し、洗脳される。

この世のどこかに私にぴったりの男の人がいて、いつかその人が私を見つけ、いつまでも幸福に暮らすことができるだろうと。(ロマンチックラブイデオロギー)

 

一方プレーヤー2(男)には、その洗脳はほとんどなされない。幼少期から彼らに提供されるコンテンツの多くは友情!根性!戦い!世界!に満ちていて、恋愛はおまけのようだ。もっとも、ジブリ映画や流行歌などで、彼らにもそのイデオロギーはある程度までは共有されているから、交際初期に女と一緒に幻想を視ることもできるし、モテる男などは女の求めに応じて、ロマンチックなそれらしきものを提供しつづけたりもする。

 

こうして、幻想のうちに結婚した男女に早晩悲劇が訪れる。イデオロギーに染まりきっていなかった男たちは、戦いの世界に戻っていくし、女達はあんなに愛した男が王子様ではなかったことに気がついて、愕然とする。

 

結婚しなくとも、幻想を共有してくれる男と出会わない場合は、いい男がいないとなげき、あるいは幻想を共有している期間に結婚しなかった女性は、この人も王子様ではなかったと見切りをつけ、また王子様探しを再開する。

ああ 日本のどこかに 私を待ってる 人がいる(fromいい日旅立ち)

 

でもいないのだ。

私を満たし、生涯私を幸福にしてくれる王子様などは。

 

実際にいるのは、一緒に生活を創り上げていくパートナーだ。それに、夢見た王子様ではなかったかもしれないが、私が今日派手に転んだり、転職したり、結婚したり、子供を産んだりという、社会にとっては極めてどうでもいいことに、興味をもってくれる人が親以外にいるということは、なんと充分に嬉しいことだろう。

 

だから、当該イデオロギーはただのお伽話だと目を覚ます女性が増えれば、男女のすれ違いは減り、幸福度は増すのではないかと思う。

 

まぁ欧米のように男女ともロマンチックラブイデオロギーを深く共有するという方向もあるかもしれないけど。

 

 

すべての人間は自己満足のために行動している。

といったのはマーク・トウェインだったと思うが、マザー・テレサでもトランプ大統領でも、自己満足のために行動してる点では変わらない。

 

でも自己満足の中身は人によって大きく違う。我が身の欲求が満たされれば満足という人もいれば、手助けした他人の笑顔をみると満足するという人もいる。

 

これは、自己世界に誰が住んでいるかによるのだと思う。

愛犬家はたとえ絶景の露天風呂に入って、ご馳走食べながらビールをのんでいても、愛犬が病院で苦しんでいては満足できないだろう。それは自己世界に自分以外に愛犬もいるからだ。マザー・テレサの自己世界には恵まれないたくさんの子どもたちが、多くの人には自己と一部の大切な人だけが、犯罪を侵す人には自己の欲望だけが住んでいる。

他人はコントロールできない。ペットもいつ病気になるか分からない。だから手っ取り早く自己満足するには自己世界から自分以外を追い出すことだ。自己の欲求を満たすだけなら現代日本ではたやすいことだ。そういう風潮も、それを肯定する言説も最近の大流行りのようだ。ただ、自己世界が他人に占拠されている人もいる。そういう時にはそれはとても有用なアドバイスだ。でも回復したら自己と他者の境界をはっきりさせつつ、自己世界を充実させたほうが、そしてそういう人が増えた方が、この世界は優しくなるのではないかと思う。

 

とはいえ、わたしと夫をむすびつけたのは、お互い絶望的なまでに自己世界で一人ぼっちという共通点だった。

 

 

 

積善の効用

他人の見ていないところで善いことをしたところで、幸運が訪れるかはわからないし、天国にいけたり来世で良い身分に生まれたりできるかは私にはわからないけれども、ひとつだけいえるはっきりした効用は

自分のことを善い人間だと思えることだ。

一生一緒にいるつもりで結婚する配偶者はみんな一生懸命選ぶはずだ。

ましてや24時間365日ずっと一緒にいるこの魂を、すこしでも善いものにできるのなら。

 

意地悪な人に会うと誰よりも本人が気の毒になる。あぁこの人はずっとこんな意地悪な魂と一緒にいなければならないのだと。

 

 

真実はない

同程度の厳しいストレス状況下で、「ストレスは健康に悪い」と考えていた人たちの寿命は短く、「ストレスは成長の機会だ」と捉えていた人たちの寿命は、ストレスの少ない人たちよりも長く、そして幸福だったという。

 

ストレスは健康に良いのか悪いのか。真実は分からない。第一ほんの数十年しか生きていない人間に、46億年の地球の真実なんて分かりっこない。

 

それならば、自分にとってより目的適合的な考え方を「採用」すればいいだけだ。

 

自分は美しいの醜いのか。死んだら消滅するのかあの世にいくのか。輪廻転生はあるのかないのか。戦争はよいのか悪いのか。そこに人間にわかる真実はない。ただどう考える方が自分の目的に沿うかを思考し、そちらを採用することしかできない。それは決して真実ではないから、もし目的に合わなくなったら、軽やかにそれを捨てられる。

自分の思い込みを一つ一つ点検し、それを採用していることがベターなのか否か検討する膨大な作業、なんてワクワクするのだろう。

 

万人にとっての正しさはないけれど、それぞれにとってのベターはあるのだ。